スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に

家に居てもしょうがないと思い、たまには外へ出てみました。

新幹線使って京都へ日帰り観光をしてきました。

コースは京都駅前からバス乗って銀閣寺へ。

銀閣寺境内をぐるりと回る~哲学の道を歩いて真如堂へ

真如堂で「うなずき阿弥陀」の話を聞いたあとは隣の金戒光明寺へ行く。

金戒光明寺境内から平安神宮の大鳥居が見える!よし、行こう!またもや歩く。と言ってもそんなに遠くはないんだな。意外に歩けちゃう。

ここまでが午前中の話。そいえば京都駅に着いたのが午前9時半頃だったっけ。

昼食は平安神宮の入り口にあり、茶屋みたいな腰掛がセッティングされたセブンイレブンで軽く。

午後は南禅寺へ。三門に登り「絶景かな、絶景かな。…ちょっと曇ってたけど」

南禅寺から永観堂へ移動。

ここのご本尊は首を左にかしげ、振り向く姿の阿弥陀如来像、通称「みかえり阿弥陀」。

言い伝えによればこの阿弥陀様はしゃべったらしい!

永保2年(1082年)二月十五日の出来事。永観が念仏を称えながら堂内を回る修行をしていた時、本尊の阿弥陀如来が須弥檀を下りて、永観の前を歩いていた。永観が驚いて立ち止まると、本尊は振り返って、「永観、遅し」と言った。それ以来この阿弥陀如来は振り向いたままのお姿となって現代の我々を導いてくれているのです。

永観律師の歌があります。
「みな人を渡さんと思う心こそ 極楽にゆくしるべなりけれ」

一、遅れる者を待つ姿勢
一、思いやり深くまわりを見つめる姿勢
一、自分自身をかえりみる姿勢
一、愛や情けをかける姿勢
一、衆生とともに正しく前へ進むためのリーダーの把握のふりむき

真正面からおびただしい人々の心を濃く受けとめても、なお正面にまわれない人びとのことを案じている阿弥陀様のお姿。
何だかまたひとつ意味の深い、人生の勉強をしました。

最後は清水寺の舞台で夕日を眺めて締めくくりました。

また心の癒しを求めて…合掌
スポンサーサイト

テーマ : 毎日の暮らし
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:dzblue
ブログへようこそ!
何でもいいので、コメントお願いします!

マイクロアド
マイクロアド
広告タグを貼っているだけで報酬がもらえちゃう、お小遣い稼ぎには最適のサイトです。
カテゴリー
amazon
おすすめ商品紹介
宜しくお願いします
ベルメゾンネット
お買い物ならここ
ベルメゾンネット
楽天市場
お買い物ならここ
bidders
最近の記事
注目サイト
私も月1000円は稼いでいます♪

月別アーカイブ
FC2カウンター
TIME
ベルメゾンでお買い物
アクセストレード
報酬支払いが1000円からなので、初心者にもオススメです。
アクセストレード
↓“My”アフィリエイト登録はコチラから↓
動画広告など魅力的な案件がたくさんあります!
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
クリックお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。